緑の光線

Top Page › 映画のこと › 『飢餓海峡』
2021-02-06 (Sat)  10:20

『飢餓海峡』

『飢餓海峡 』   1965年 日本映画
 監督 : 内田吐夢
 出演 : 三國連太郎、左幸子、伴淳三郎、高倉健

原作は、水上勉の小説『飢餓海峡』です。
映画は1965年の制作ですが、作品は戦後間もない昭和22年の日本を描いています。
タイトルが表す通り、作品の中で起こる事件の裏にあるのは「貧しさ」です。
昭和22年の日本がどういう状況だったのか、なかなか想像できません。
左幸子さん演じる八重さんの人生が、とても悲しかったです。
幼い頃に奉公に出され、そして娼婦へ・・
当時、そんな道でしか生きて行くことができなかった女性がたくさんいたんだろうと思います。
ただ、八重さんって、そういう仕事をしているふうには見えなくて、とっても純粋で可愛らしい女性に見えるのです。樽見(三國連太郎)は、八重さんのそんな純粋さを感じていたのではないかと思います。
樽見の足の爪を大事に大事にとっておいて、それを取り出しては頬にあてるシーンは、見ていてちょっと辛かった(泣)
事件を追うふたりの刑事、弓坂刑事(伴淳三郎)と味村刑事(高倉健)。
この二人の刑事がとても対照的であるのが印象的でした。
高倉健演じる味村刑事は若手の刑事で、事件の真相をひたすら追います。
弓坂刑事は、すでに刑事を引退している元刑事。
ラスト、弓坂刑事が船の上で「私も花をあげるから、あなたも花をあげて八重さんを弔いなさい」といって樽見に花を渡し、そして船べりから花を投げ、厳かにお経を唱えます。
弓坂刑事の情の深さが伝わる印象的なシーンでした。

3時間という長さですが、そんな長さを全く感じさせない、引き込まれてしまう作品でした。

原作『飢餓海峡』も読んでみたくなるな・・・(長そうだけど)



スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-02-06

3時間か~・・・ * by おんだなみ
ちょうど、2/8にBSシネマで放映されます。
観ようかどうか迷っていましたが、greenさんの感想を読んで、かなり観たくなりました。
でも3時間か~・・・

Re: 3時間か~・・・ * by green
おんだなみさん、明日放送なんですね!
私はずいぶん前に録画したものをやっと見たところでした。
確かに長いですが、見ていると引き込まれると思います。
疲れたら、休憩して、後日続きを見てもいいですし。。。

Comment







管理者にだけ表示を許可

3時間か~・・・

ちょうど、2/8にBSシネマで放映されます。
観ようかどうか迷っていましたが、greenさんの感想を読んで、かなり観たくなりました。
でも3時間か~・・・
2021-02-06-10:59 * おんだなみ [ 編集 ]

Re: 3時間か~・・・

おんだなみさん、明日放送なんですね!
私はずいぶん前に録画したものをやっと見たところでした。
確かに長いですが、見ていると引き込まれると思います。
疲れたら、休憩して、後日続きを見てもいいですし。。。
2021-02-07-21:28 * green [ 編集 ]