緑の光線

Top Page › 映画のこと › かおりんさんからの進化系<映画>バトンの続き。
2006-10-23 (Mon)  22:40

かおりんさんからの進化系<映画>バトンの続き。

前回は前置きだけで終わってしまいましたが、今回はかおりんさんからの質問に答えたいと思います。

まずは・・

①あなたが涙した映画

涙した映画なんて、もう数え切れないほどありますが、おもいつくまま、いくつか挙げてみたいと
思います。

映画館で、最高に泣いた映画、
「ベティーブルー・完全版」(37°2 Le Matin L'integrade)
   ジャン・ジャック ベネックス監督 1991年

この映画、最初に見たのは、多分職場の後輩の女の子からのお薦めで見たのだと思います。
そのときは、通常版でした。で、すごい衝撃的で、「こういう愛ってありなの?」という感想でした。
まさしく、狂気の愛、その愛の恐ろしいほどの深さに、なんだか泣けて泣けて仕方なかったのでした。
そして数年後、この映画の完全版が公開され、映画館に見に行きました。
そりゃもう、泣きました。号泣です。一番悲しいシーンでは、まともにスクリーンを見るのが
あまりにも辛くて、顔を上げられず、下を向いて嗚咽しておりました。おそらく会場にいた
ほとんどの人が泣いていたのでは・・と思うくらい。この映画、男の人には理解できないのでは、
と思っていたのですが、映画館に見に来ていた人の半数くらいは男性だったような気がします。

もうこの映画、何年も見ていません。今の私が見たらどういうふうに感じるのかな。
同じような気持ちで泣けるのかな。あの頃の私と今の私、もう15年もたってるけど、
変わってるのかな・・・

「スケアクロウ」
 主演・アル・パチーノ、ジーン・ハックマン 1973年

アル・パチーノは大好きな俳優のひとりです。
アル・パチーノの作品の中で一番好きなのは「狼たちの午後」なんだけど、この作品も好き。
とっても悲しい映画だけどね。
何年も会っていない奥さんと子供に会うために、プレゼントを持って旅をするのだけれど、
その夢が絶たれてしまい、精神を病んでしまうお話。ひょうきんでありながら、傷つきやすい
心を持った、なんとも哀しい役を、アル・パチーノらしく演じている。

ここまで書いて、続きが何故か入らないので、次の記事へと続きます・・・
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by green_green
ベティブルーは確かに「衝撃的」という言葉がぴったりの作品でした(もう記憶が薄いのですが・・)。私はビデオで観ただけでしたがスクリーンで観たらまた迫力もあったでしょうね。若き日のアル・パチーノかっこいいですね。

No title * by green
ベティブルー、今見たら、もしかしたら理解することはできないのかもしれません。、若い頃のアル・パチーノの作品、すごく好きなんですよ。演技ももちろん大好きです。

No title * by -
ありがとうございます~「ベティーブルー」は何度かレンタルした事があるんです。1991年って書かれてるので、多分それくらいに・・。でも、その頃の私・・まだ子供?笑!精神的にもかなりお子チャマだったと思われます^^;なんで映画の内容が理解出来ず、前半くらいで挫折して、結局全編みてないんですよ~多分2,3回は挑んでると思うんですけどね。Greenさんの記事読んでみたくなりました~再々再度挑戦してみますね。

No title * by -
15年も経てば私も少しは精神的にも大人?に成長していると思うんで、また見方が変わってますよね~笑!アル・パチーノいいですよね~でも「スケアクロウ」は知りませんでした。もっとお勉強が必要ですね。内容的にとても興味をそそりますね。これも要チェック~ですね。しかも1973年の頃のアル・パチーノがみられるなんて~素敵です~ゴット・ファザーの頃ですよね??

No title * by いうひ
べティーブルー、Greenさんが紹介してたからレンタルしたいんだけど、見る暇が・・・。買ったまま読んでない本もたくさん。。。バイトのお休みがほしいです。。。

No title * by green
かおりんさん、完全版が公開されたのが91年で、その5年くらい前に最初の作品が公開されたはずです。理解に苦しむところは確かにありますよね~そういう部分を深く考え出すとなかなか見れないかもしれませんね~

No title * by green
かおりんさん、「スケアクロウ」は「ゴッドファーザーⅠ」と「Ⅱ」の間に作られた作品で、カンヌでグランプリを取っています。このころのアル・パチーノ大好きです。(もちろん年齢を重ねて顔にしわが刻まれた彼も素敵だけど)彼の演技を見ていると、ビョンホンの演技と重なるものがあるのよね。なんというか眼差しが・・「狼たちの午後」とともにお薦めです!

No title * by green
かおりんさん、実は「ゴッドファーザー」はあまり好きではありません。作品としては素晴らしいんだろうし、彼の演技も好きなんだけれど、どうもストーリーが・・男の社会の裏で女性が犠牲になってしまうのがどうにも耐えられなくて・・

No title * by green
タルトさん、私も同じく、ゆっくり腰を落ち着けて、2時間3時間の映画をじっくり見たいです。本も読みたいと思っても、やはり時間が・・バイト、忙しそうですね。

No title * by とも
ベティブルー!何度も見ました!やっぱりインテグラルのほうがいいですよね。ジャン・ジャック・ベネックス監督作品は大好きなんですよ♪あと、昔はジャン・ユーグ・アングラードも好きだったな~♪

No title * by green
レオンママさんとは前に「ディーバ」の話で盛り上がりましたよね。私もジャン・ユーグ・アングラード好きでした。彼の作品も結構見ましたよ。最近どうしてるのかしら・・?

No title * by とも
あはは、↑前にも書いたな~って思いながらコメしました!ディーバもベティブルーもなんともいえない空の青い色が印象的でしたよね♪彼、最近はどうしているんでしょうね~?

No title * by green
レオンママさん、新しい映画をあまり見ていないので、最近映画に出てるのかどうかも知りません。とっても素敵な俳優さんだったのに。そうそう、ふたつとも、スクリーンの色使いが鮮やかでしたよね。

No title * by LAGUNA
『スケアクロウ』って観てないです。良さそうですね!アルパチーノの若い頃いいですよね。って私、そんなに観てないけど・・。今度みてみます♪

No title * by green
らぐなさん、このころの彼の作品はたいてい見てると思いますが、最近のは見れてないんですよね。顔にしわが刻まれた彼もまたいいですよね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

ベティブルーは確かに「衝撃的」という言葉がぴったりの作品でした(もう記憶が薄いのですが・・)。私はビデオで観ただけでしたがスクリーンで観たらまた迫力もあったでしょうね。若き日のアル・パチーノかっこいいですね。
2006-10-24-23:37 * green_green [ 編集 ]

No title

ベティブルー、今見たら、もしかしたら理解することはできないのかもしれません。、若い頃のアル・パチーノの作品、すごく好きなんですよ。演技ももちろん大好きです。
2006-10-25-08:26 * green [ 編集 ]

No title

ありがとうございます~「ベティーブルー」は何度かレンタルした事があるんです。1991年って書かれてるので、多分それくらいに・・。でも、その頃の私・・まだ子供?笑!精神的にもかなりお子チャマだったと思われます^^;なんで映画の内容が理解出来ず、前半くらいで挫折して、結局全編みてないんですよ~多分2,3回は挑んでると思うんですけどね。Greenさんの記事読んでみたくなりました~再々再度挑戦してみますね。
2006-10-25-08:59 * - [ 編集 ]

No title

15年も経てば私も少しは精神的にも大人?に成長していると思うんで、また見方が変わってますよね~笑!アル・パチーノいいですよね~でも「スケアクロウ」は知りませんでした。もっとお勉強が必要ですね。内容的にとても興味をそそりますね。これも要チェック~ですね。しかも1973年の頃のアル・パチーノがみられるなんて~素敵です~ゴット・ファザーの頃ですよね??
2006-10-25-09:04 * - [ 編集 ]

No title

べティーブルー、Greenさんが紹介してたからレンタルしたいんだけど、見る暇が・・・。買ったまま読んでない本もたくさん。。。バイトのお休みがほしいです。。。
2006-10-25-11:08 * いうひ [ 編集 ]

No title

かおりんさん、完全版が公開されたのが91年で、その5年くらい前に最初の作品が公開されたはずです。理解に苦しむところは確かにありますよね~そういう部分を深く考え出すとなかなか見れないかもしれませんね~
2006-10-25-21:38 * green [ 編集 ]

No title

かおりんさん、「スケアクロウ」は「ゴッドファーザーⅠ」と「Ⅱ」の間に作られた作品で、カンヌでグランプリを取っています。このころのアル・パチーノ大好きです。(もちろん年齢を重ねて顔にしわが刻まれた彼も素敵だけど)彼の演技を見ていると、ビョンホンの演技と重なるものがあるのよね。なんというか眼差しが・・「狼たちの午後」とともにお薦めです!
2006-10-25-21:43 * green [ 編集 ]

No title

かおりんさん、実は「ゴッドファーザー」はあまり好きではありません。作品としては素晴らしいんだろうし、彼の演技も好きなんだけれど、どうもストーリーが・・男の社会の裏で女性が犠牲になってしまうのがどうにも耐えられなくて・・
2006-10-25-21:45 * green [ 編集 ]

No title

タルトさん、私も同じく、ゆっくり腰を落ち着けて、2時間3時間の映画をじっくり見たいです。本も読みたいと思っても、やはり時間が・・バイト、忙しそうですね。
2006-10-25-21:48 * green [ 編集 ]

No title

ベティブルー!何度も見ました!やっぱりインテグラルのほうがいいですよね。ジャン・ジャック・ベネックス監督作品は大好きなんですよ♪あと、昔はジャン・ユーグ・アングラードも好きだったな~♪
2006-10-26-01:14 * とも [ 編集 ]

No title

レオンママさんとは前に「ディーバ」の話で盛り上がりましたよね。私もジャン・ユーグ・アングラード好きでした。彼の作品も結構見ましたよ。最近どうしてるのかしら・・?
2006-10-26-08:19 * green [ 編集 ]

No title

あはは、↑前にも書いたな~って思いながらコメしました!ディーバもベティブルーもなんともいえない空の青い色が印象的でしたよね♪彼、最近はどうしているんでしょうね~?
2006-10-26-15:04 * とも [ 編集 ]

No title

レオンママさん、新しい映画をあまり見ていないので、最近映画に出てるのかどうかも知りません。とっても素敵な俳優さんだったのに。そうそう、ふたつとも、スクリーンの色使いが鮮やかでしたよね。
2006-10-26-20:56 * green [ 編集 ]

No title

『スケアクロウ』って観てないです。良さそうですね!アルパチーノの若い頃いいですよね。って私、そんなに観てないけど・・。今度みてみます♪
2006-10-28-22:48 * LAGUNA [ 編集 ]

No title

らぐなさん、このころの彼の作品はたいてい見てると思いますが、最近のは見れてないんですよね。顔にしわが刻まれた彼もまたいいですよね。
2006-10-29-22:07 * green [ 編集 ]