緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「博士の愛した数式」
2007-01-13 (Sat)  22:46

「博士の愛した数式」

「博士の愛した数式」  2005年
 監督:小泉堯史
 出演:寺尾聰、深津絵里、斎藤隆成、吉岡秀隆、浅丘ルリ子

とっても、とっても、いい映画でした!!
なんと言ったらいいんだろう、心が洗われる様な、心に少しずつ少しずつ染み込んでくるような
そんな映画でした。

想像はつくと思いますが、数学は大の苦手、もちろん文系です。
なのに、この映画の中で出てくる、いろいろな数字の不思議な世界を聞いていると、
今まで無機質に感じられてきた数字や数式が、数字や数式にはそれぞれ個性みたいなものがあって、
なんだかちょっとかわいいな、とさえ思えてくるのです。
数学とはまったく無縁のところで暮らしているので、今こういうふうに、数学の世界をちょっとだけ
垣間見ると、なんだか新鮮な気もします。

この映画を見ていて、高校2年のときの担任の先生の事を思い出しました。
先生は数学の先生でした。背が高く、痩せていて、髪の毛がほとんど白髪の、とっても
優しい先生でした。私は高校1年の数Ⅰで、すっかり数学は挫折してしまい、数学の
授業は苦痛の時間そのものでした。そして、2年になってはじめての数学の時間、その担任の
先生は、白いハンカチを使って「ウルトラC」の話をしてくれました。ひとつのことを頑張れば
おのずと後の残りの部分も成し遂げられる・・みたいなことを、数学の考え方で説明をして
くださったように覚えています。(先生、ごめんなさい。詳しい内容は忘れちゃった!)
その後の数学の授業も、1年のときとは大違いで、数学が苦手な私にもとってもわかりやすく、
ひとつの数式を意外な角度から説明してくれたりで、はじめて数学が「おもしろい」と思えたの
でした。やがて3年に進級して担任ははずれてしまった後も、よく職員室に数学の質問を
しに行くと、いつも丁寧に教えてくださいました。ですが、卒業が間近になったころ、
先生は病気で入院されてしまいました。春休みに病院へお見舞いへ行くと、もともと痩せていた
先生がさらに痩せていて、すらっと背が高かったのに、なんだか縮んでしまったような気がしました。
そして、高校卒業後、みんなそれぞれ進む道が決まった4月の頃、先生の訃報を聞きました。
聞いた途端、号泣してしまいました。親がびっくりするほど。「そんなに先生の事が好きだったんだね、
優しい先生だったよね」と言ってくれました。
数学が「おもしろい」と思えたのは、後にも先にも先生の授業だけだったよ。先生。

映画の舞台となっている場所が、とってもいいところで、山にかこまれた素敵な景色が
たくさん出てきます。「ここはどこだろう、こういうところに住みたいな~」なんて
思っていたら、最後のクレジットのところで、長野県であることがわかりました。信州か~
私、老後は長野県に住みたいな~なんて思ってるのです。私は海より、山の方が好きなんだな~

「時間は流れない」んですって。
記憶が80分しかもたない博士にとっては、時間の流れよりも、「今」を生きることが
より大切なんですね。
私もね、もっと丁寧に暮らしていこうって思いました。
時間がない~なんてあくせくしている間に、大事なものを見失なわないようにしなきゃって。

監督の小泉堯史という方、初めて知りました。
過去の作品、「雨あがる」「阿弥陀堂だより」も是非見てみたいと思いました。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by green
やまたまやさんは、この本のこと、確か記事にされていましたよね。私も本を読んでみようかなと思っています。

No title * by green
shinodaさん、ご訪問ありがとうございます。特典映像で「雨あがる」と「阿弥陀だより」の予告を見て、是非見たいと思いました。是非見てみますね。

No title * by green
baimoyuriさん、こちらこそ今年も宜しくお願いします。高校の時の先生を思い出されましたか?高校の頃の先生は、個性的な先生がたくさんいらっしゃって、私もいろんな先生の事を思い出しちゃいました。

No title * by green
baimoyuriさん、去年はなかなか思うように映画が見れなかったので、今年はなるべく時間を作ってよい作品にめぐり逢いたいなと思っています。「明日の記憶」って渡辺謙さんと樋口可南子さんの作品でしたっけ。今度探して見ます。

No title * by ママさん
この映画、私も気になっていました!最近レンタルショップでもビデオは少なくなってきてますね。DVDばかりだし・・。ちょっとさみしい(笑)

No title * by kinaco
Greenさんのコメントを読んで、なんかジーン・・ときちゃった。。 映画、みてみよう。 私は数学が大の苦手で・・・^^;子供たちにはなんとか数字の楽しさみたいなものを感じてもらえないかなぁー!なんて身勝手に思っていますすが、、、どうかなぁー??^^ 長野は夏も雪の冬も景色がすばらしくいいですよね!!空気も澄んでいておいしいし。お水もおいしいんですよね。昔は海派だったけれど、最近は私も山が好きです^^

No title * by ママさん
そうそう・・、学校の先生って案外記憶に残らないものですよね・・。小学校の3年生の時と5年生のときの先生が暖かくって大好きでした。人をひきつける魅力があるって言うか・・。そんな風に思える先生に出会えたことは一生の宝物ですね。

No title * by ヒロひまわり
私もこの映画観てみたいって思っていたわ~。私も小3の時のおじいちゃん先生が忘れられないの。顔とか忘れちゃってるんだけど山登りの好きな先生で休みの日に山でとってきた木の実(ヤマモモ?)とかを朝のホームルームで配って山の話とかしてくれていたの。今だったら保護者から『お腹こわす』とかクレーム来そうだよね。

No title * by green
ヨッシーママさん、VHS派は肩身が狭いですよね~だんだん隅のほうに追いやられていくようなかんじです。我が家もようやくDVDプレイヤーを買ったのでレンタルショップでは見たい作品を探しやすくはなりましたが・・・

No title * by green
kinacottaraさん、この映画では数学の授業のシーンもあるんだけど、なんだか新鮮な気持ちで見れます。私も子供達には数学嫌いにならないで欲しいなと思ってます。親が苦手だった分、親にはわからなかった数学の世界を楽しんでもらえたら嬉しいよね。長野、冬は寒さが厳しいかもしれないけど、夏の空気は大好きです。

No title * by green
ヨッシーママさん、私の場合、女の先生は嫌な思い出ばかりしかないんですよ(笑)男の先生は、みんな優しい先生ばかりで大好きでした。女の先生とは、いい縁がなかったようです。

No title * by green
ヒロひまわりさん、そうそう、私達が子供の頃の先生って、今だったら保護者からクレームが来てもおかしくないような事を平気でやってたよね。小学校5,6年の時の担任の先生も、突然「今日の3時間目は授業はやめて作業の時間!」とかいって、運動場の整備とか校庭の草むしりとかやらされてたよ。楽しかったけどね~でも、そういう先生の方が思い出に残るよね~

No title * by yonekyon
これ見てないけどgreenさんの記事で見たくなったよ。そして高校でなんていい数学の先生にお会いしてたの~~私なんて大嫌いな担任が教えてたからわからないまま卒業しちゃったよ~~うらやましいです。でも先生の訃報は悲しいよね

No title * by green
よねきょんさん、寺尾聰さんも深津絵里ちゃんも、すごくいい演技だったよ。おすすめ~~先生が嫌いだと、その科目までも嫌いになっちゃうよね~どんな先生にあたるかって大事だよね。

No title * by baimoyuri
消えちゃってる~ので再びです。♪彼の来日で落ち着かない中・・観賞しました。・・『これはなかなか賢い心が詰っていそうだ。』博士が、√君の頭を撫でながら話しかけてましたネ。全編にわたって、子供への優しい言葉掛けに感動してました。子供達も応えるように、思いやりあふれた会話でした。」「阿弥陀堂だより」の予告編も良かった。息子も、かっては野球少年でしたので懐かしい風景でもありました~。>よねきょんさん、是非みてくださいネ。(✿◡‿◡ฺ)

No title * by -
この映画評判よかったですよね。実は、お友達から、この映画の原作本をプレゼントで頂いたんですよ。実は、私、本を読む習慣があまりないのでてつかずになってるのですが、読んでみよう!って思いましたよ~映画も観ねば!!!

No title * by green
baimoyuriさん、きゃ~消えちゃってましたか!?恐縮です・・博士の言葉やしぐさには子供への愛情に満ちていましたね。子育てについてもなるほどと考えさせられるものがありました。頭をなでなでして、育てなければ・・ですね。

No title * by green
かおりんさん、本もベストセラーでしたもんね。私も読んでみたいなと思ってるんです。映画、しみじみと伝わってくるようで、すごく良かったです。こういうのが日本の映画のすばらしいところなのかな~って思いました。

No title * by baimoyuri
つい最近、(5/19)TVで「博士の愛した数式」放送されました。博士が愛したものは、2つあったそうです。「素数」と、「子供」・・・感動を、新たにしました♡HP上で、原作者の「小川洋子」さんが話されてます。「映画『博士の~』のために、大勢の人たちが集まって下さった。映画を完成させるために払われる膨大な努力を垣間見る時、ものを生み出してゆくことの 尊さを改めて教えられるようだった。」。。。映画俳優、LBHを思い出さずには、いられませんでした。√君の誕生日5/18でした^^

No title * by green
baimoyuriさん、√君の誕生日に合わせて放送されたのでしょうかね♪昨日はNHKのBSで阿弥陀堂だよりが放送されていたので、録画しました。近々観る予定です。とっても楽しみ~~映画って、どうしても俳優さんばかりに注目があつまりがちですが、撮影、衣装、小道具、大道具、など、いろいろな専門の知識をも持つ人たちの集まりで成り立ってるのですよね。BHssiもそんな映画人の中のひとり。まさに映画俳優として、さらによい映画を作って欲しいと思います。次回作がとっても楽しみ♪

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

やまたまやさんは、この本のこと、確か記事にされていましたよね。私も本を読んでみようかなと思っています。
2007-01-14-21:49 * green [ 編集 ]

No title

shinodaさん、ご訪問ありがとうございます。特典映像で「雨あがる」と「阿弥陀だより」の予告を見て、是非見たいと思いました。是非見てみますね。
2007-01-14-21:50 * green [ 編集 ]

No title

baimoyuriさん、こちらこそ今年も宜しくお願いします。高校の時の先生を思い出されましたか?高校の頃の先生は、個性的な先生がたくさんいらっしゃって、私もいろんな先生の事を思い出しちゃいました。
2007-01-14-21:52 * green [ 編集 ]

No title

baimoyuriさん、去年はなかなか思うように映画が見れなかったので、今年はなるべく時間を作ってよい作品にめぐり逢いたいなと思っています。「明日の記憶」って渡辺謙さんと樋口可南子さんの作品でしたっけ。今度探して見ます。
2007-01-14-21:54 * green [ 編集 ]

No title

この映画、私も気になっていました!最近レンタルショップでもビデオは少なくなってきてますね。DVDばかりだし・・。ちょっとさみしい(笑)
2007-01-15-08:57 * ママさん [ 編集 ]

No title

Greenさんのコメントを読んで、なんかジーン・・ときちゃった。。 映画、みてみよう。 私は数学が大の苦手で・・・^^;子供たちにはなんとか数字の楽しさみたいなものを感じてもらえないかなぁー!なんて身勝手に思っていますすが、、、どうかなぁー??^^ 長野は夏も雪の冬も景色がすばらしくいいですよね!!空気も澄んでいておいしいし。お水もおいしいんですよね。昔は海派だったけれど、最近は私も山が好きです^^
2007-01-15-10:26 * kinaco [ 編集 ]

No title

そうそう・・、学校の先生って案外記憶に残らないものですよね・・。小学校の3年生の時と5年生のときの先生が暖かくって大好きでした。人をひきつける魅力があるって言うか・・。そんな風に思える先生に出会えたことは一生の宝物ですね。
2007-01-15-13:31 * ママさん [ 編集 ]

No title

私もこの映画観てみたいって思っていたわ~。私も小3の時のおじいちゃん先生が忘れられないの。顔とか忘れちゃってるんだけど山登りの好きな先生で休みの日に山でとってきた木の実(ヤマモモ?)とかを朝のホームルームで配って山の話とかしてくれていたの。今だったら保護者から『お腹こわす』とかクレーム来そうだよね。
2007-01-15-17:50 * ヒロひまわり [ 編集 ]

No title

ヨッシーママさん、VHS派は肩身が狭いですよね~だんだん隅のほうに追いやられていくようなかんじです。我が家もようやくDVDプレイヤーを買ったのでレンタルショップでは見たい作品を探しやすくはなりましたが・・・
2007-01-15-21:08 * green [ 編集 ]

No title

kinacottaraさん、この映画では数学の授業のシーンもあるんだけど、なんだか新鮮な気持ちで見れます。私も子供達には数学嫌いにならないで欲しいなと思ってます。親が苦手だった分、親にはわからなかった数学の世界を楽しんでもらえたら嬉しいよね。長野、冬は寒さが厳しいかもしれないけど、夏の空気は大好きです。
2007-01-15-21:12 * green [ 編集 ]

No title

ヨッシーママさん、私の場合、女の先生は嫌な思い出ばかりしかないんですよ(笑)男の先生は、みんな優しい先生ばかりで大好きでした。女の先生とは、いい縁がなかったようです。
2007-01-15-21:15 * green [ 編集 ]

No title

ヒロひまわりさん、そうそう、私達が子供の頃の先生って、今だったら保護者からクレームが来てもおかしくないような事を平気でやってたよね。小学校5,6年の時の担任の先生も、突然「今日の3時間目は授業はやめて作業の時間!」とかいって、運動場の整備とか校庭の草むしりとかやらされてたよ。楽しかったけどね~でも、そういう先生の方が思い出に残るよね~
2007-01-15-21:18 * green [ 編集 ]

No title

これ見てないけどgreenさんの記事で見たくなったよ。そして高校でなんていい数学の先生にお会いしてたの~~私なんて大嫌いな担任が教えてたからわからないまま卒業しちゃったよ~~うらやましいです。でも先生の訃報は悲しいよね
2007-01-15-21:33 * yonekyon [ 編集 ]

No title

よねきょんさん、寺尾聰さんも深津絵里ちゃんも、すごくいい演技だったよ。おすすめ~~先生が嫌いだと、その科目までも嫌いになっちゃうよね~どんな先生にあたるかって大事だよね。
2007-01-15-21:44 * green [ 編集 ]

No title

消えちゃってる~ので再びです。♪彼の来日で落ち着かない中・・観賞しました。・・『これはなかなか賢い心が詰っていそうだ。』博士が、√君の頭を撫でながら話しかけてましたネ。全編にわたって、子供への優しい言葉掛けに感動してました。子供達も応えるように、思いやりあふれた会話でした。」「阿弥陀堂だより」の予告編も良かった。息子も、かっては野球少年でしたので懐かしい風景でもありました~。>よねきょんさん、是非みてくださいネ。(✿◡‿◡ฺ)
2007-01-18-10:39 * baimoyuri [ 編集 ]

No title

この映画評判よかったですよね。実は、お友達から、この映画の原作本をプレゼントで頂いたんですよ。実は、私、本を読む習慣があまりないのでてつかずになってるのですが、読んでみよう!って思いましたよ~映画も観ねば!!!
2007-01-18-17:35 * - [ 編集 ]

No title

baimoyuriさん、きゃ~消えちゃってましたか!?恐縮です・・博士の言葉やしぐさには子供への愛情に満ちていましたね。子育てについてもなるほどと考えさせられるものがありました。頭をなでなでして、育てなければ・・ですね。
2007-01-18-21:24 * green [ 編集 ]

No title

かおりんさん、本もベストセラーでしたもんね。私も読んでみたいなと思ってるんです。映画、しみじみと伝わってくるようで、すごく良かったです。こういうのが日本の映画のすばらしいところなのかな~って思いました。
2007-01-18-21:26 * green [ 編集 ]

No title

つい最近、(5/19)TVで「博士の愛した数式」放送されました。博士が愛したものは、2つあったそうです。「素数」と、「子供」・・・感動を、新たにしました♡HP上で、原作者の「小川洋子」さんが話されてます。「映画『博士の~』のために、大勢の人たちが集まって下さった。映画を完成させるために払われる膨大な努力を垣間見る時、ものを生み出してゆくことの 尊さを改めて教えられるようだった。」。。。映画俳優、LBHを思い出さずには、いられませんでした。√君の誕生日5/18でした^^
2007-05-29-00:23 * baimoyuri [ 編集 ]

No title

baimoyuriさん、√君の誕生日に合わせて放送されたのでしょうかね♪昨日はNHKのBSで阿弥陀堂だよりが放送されていたので、録画しました。近々観る予定です。とっても楽しみ~~映画って、どうしても俳優さんばかりに注目があつまりがちですが、撮影、衣装、小道具、大道具、など、いろいろな専門の知識をも持つ人たちの集まりで成り立ってるのですよね。BHssiもそんな映画人の中のひとり。まさに映画俳優として、さらによい映画を作って欲しいと思います。次回作がとっても楽しみ♪
2007-05-29-08:28 * green [ 編集 ]