緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「イングリッシュペイシェント」
2007-04-16 (Mon)  22:03

「イングリッシュペイシェント」

「イングリッシュペイシェント」 The English Patient 1996年
 監督 アンソニー・ミンゲラ
 出演 レイフ・ファインズ、クリスティン・スコット・トーマス、
    ジュリエット・ビノシュ、ウィレム・デフォー


なんとも感想を書きづらい映画です。
この映画を観るのは2回目、最初に見たのはいつだろう・・
あらすじはあんまり覚えてなくて、ただ覚えてたのはジュリエット・ビノシュがロープにつかまって
教会の絵を見るシーン。とっても綺麗なシーンで、あそこだけは、鮮明に覚えていました。

結局のところ、この映画が一番伝えたかったことが、私にははっきりわからないままなんだけど、
ただ観てる間は、とっても引き込まれるんです。目がくぎ付けになるんです。
映像が綺麗だからかな~

The English Patient、とありますが、The English Patientであるまえに、ひとりの人間
なんですよね。An Patientなんですよね。人を愛して、傷ついて...それは何人であろうが、
どこの国の人であろうが、どんな名前であろうが、みんな一緒なんですよね。
国境というものがない日本人には、ちょっと理解しづらいところがあるのかもしれません。

また観る機会があったら、また観てしまいそうです..
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by -
今でも思い出します。私は公開時、劇場で観て、かなり衝撃を受けました。ジュリエット・ビノシュの教会のシーンをみた時の胸の高鳴りを私も鮮明に覚えています!綺麗な映像でしたよね。この映画も大好きで、幾度となくレンタルしてみています。直訳するとイギリス人患者ってことですかね?その前にひとりの人間ですよね。

No title * by green_green
これ、オーストラリアにいた頃、2回観ました。私が一番心に残っている場面は息が絶えたクリスティン・スコット・トマスを抱きかかえてレイフ・ファインズが泣き叫ぶ場面です。この場面は確か音が消してあるのですが、彼の表情だけで慟哭が伝わってきて思わず涙してしまいました。確かサントラも買いましたよ♪お気に入りの映画の一つなんです(^o^)

No title * by yonekyon
見たことないけど、画像がめちゃめちゃ綺麗だね~見てみたわ~~

No title * by green
かおりんさん、私も最初に観たとき、あの教会のシーンで訳もなく涙が流れたのを覚えています。この映画、全部にわたって映像がとてもきれいですよね。砂漠も、美しさと厳しさがすごく伝わってくるような映像だったように思います。

No title * by green
Greenさん、そうでしたね。あのシーンで人の声が消されていました。それがより悲しみを一層深くしているようなかんじでしたよね。私はジュリエット・ビノシュの相手役のキップがよかったです。とても思慮深いかんじがして惹かれました~

No title * by green
よねきょんさん、とっても映像がきれいな映画です。すごく丁寧に作られた作品だと思いますよ~

No title * by kinaco
私も1度みました。もの静かな・・・綺麗な映画だったことを覚えています。私も意味はちゃんと覚えていないのです。。。。でも、記憶にはちゃんと残ってるなぁ・・・・

No title * by green
多分私もkinacottaraさんと同じ感覚で観てたと思います。はっきりとしたメッセージはよく理解できなかったんだけど、印象だけはとてもはっきりと残ってたんですよね。

No title * by -
映画を観てないので内容が分からないけど、観る度に感想が違う、だんだんと見えてくる様な深い映画なのかな? 言葉では何とも言い難い衝撃があるのかな? 何だか記事読むと 興味が出てきました。 いつかレンタルする作品の一つに入れとこっと♪^^ 綺麗な画像は 観るものの心に住み着くからねぇ。。。それ位、綺麗だったのね。^^

No title * by green
tomoちゃん、とっても丁寧に作られた映画だと思います。砂に水がだんだんと染み込んでくるような感覚を覚えます。がつんとくるものはないのだけれど、だからこそ、何度も見たくなるのかも・・・

No title * by -
グリちゃんが言う「砂に水がだんだん染み込んでくるような感触」っていう表現がとっても素敵だわっ♪ ますます気になるっ!(笑) いつか必ず観るわねっ♪ NHKの石野真子の歌と木目込みパッチワークとグリちゃんと約束した事で果たしてない事が一杯ある~!(><) でも、ちゃんと覚えているからにゃ♪( ̄▽ ̄)V

No title * by green
tomoちゃん、そんないいのよ~~気にしないで~~(あ、でも木目込みパッチワークは見てみたいな)映画も観たい作品はほんとにたくさんあるんだけど、時間がないよね~

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

今でも思い出します。私は公開時、劇場で観て、かなり衝撃を受けました。ジュリエット・ビノシュの教会のシーンをみた時の胸の高鳴りを私も鮮明に覚えています!綺麗な映像でしたよね。この映画も大好きで、幾度となくレンタルしてみています。直訳するとイギリス人患者ってことですかね?その前にひとりの人間ですよね。
2007-04-16-22:46 * - [ 編集 ]

No title

これ、オーストラリアにいた頃、2回観ました。私が一番心に残っている場面は息が絶えたクリスティン・スコット・トマスを抱きかかえてレイフ・ファインズが泣き叫ぶ場面です。この場面は確か音が消してあるのですが、彼の表情だけで慟哭が伝わってきて思わず涙してしまいました。確かサントラも買いましたよ♪お気に入りの映画の一つなんです(^o^)
2007-04-16-23:24 * green_green [ 編集 ]

No title

見たことないけど、画像がめちゃめちゃ綺麗だね~見てみたわ~~
2007-04-17-08:00 * yonekyon [ 編集 ]

No title

かおりんさん、私も最初に観たとき、あの教会のシーンで訳もなく涙が流れたのを覚えています。この映画、全部にわたって映像がとてもきれいですよね。砂漠も、美しさと厳しさがすごく伝わってくるような映像だったように思います。
2007-04-17-08:13 * green [ 編集 ]

No title

Greenさん、そうでしたね。あのシーンで人の声が消されていました。それがより悲しみを一層深くしているようなかんじでしたよね。私はジュリエット・ビノシュの相手役のキップがよかったです。とても思慮深いかんじがして惹かれました~
2007-04-17-08:17 * green [ 編集 ]

No title

よねきょんさん、とっても映像がきれいな映画です。すごく丁寧に作られた作品だと思いますよ~
2007-04-17-08:17 * green [ 編集 ]

No title

私も1度みました。もの静かな・・・綺麗な映画だったことを覚えています。私も意味はちゃんと覚えていないのです。。。。でも、記憶にはちゃんと残ってるなぁ・・・・
2007-04-17-16:49 * kinaco [ 編集 ]

No title

多分私もkinacottaraさんと同じ感覚で観てたと思います。はっきりとしたメッセージはよく理解できなかったんだけど、印象だけはとてもはっきりと残ってたんですよね。
2007-04-18-08:15 * green [ 編集 ]

No title

映画を観てないので内容が分からないけど、観る度に感想が違う、だんだんと見えてくる様な深い映画なのかな? 言葉では何とも言い難い衝撃があるのかな? 何だか記事読むと 興味が出てきました。 いつかレンタルする作品の一つに入れとこっと♪^^ 綺麗な画像は 観るものの心に住み着くからねぇ。。。それ位、綺麗だったのね。^^
2007-04-19-00:54 * - [ 編集 ]

No title

tomoちゃん、とっても丁寧に作られた映画だと思います。砂に水がだんだんと染み込んでくるような感覚を覚えます。がつんとくるものはないのだけれど、だからこそ、何度も見たくなるのかも・・・
2007-04-19-08:16 * green [ 編集 ]

No title

グリちゃんが言う「砂に水がだんだん染み込んでくるような感触」っていう表現がとっても素敵だわっ♪ ますます気になるっ!(笑) いつか必ず観るわねっ♪ NHKの石野真子の歌と木目込みパッチワークとグリちゃんと約束した事で果たしてない事が一杯ある~!(><) でも、ちゃんと覚えているからにゃ♪( ̄▽ ̄)V
2007-04-30-16:01 * - [ 編集 ]

No title

tomoちゃん、そんないいのよ~~気にしないで~~(あ、でも木目込みパッチワークは見てみたいな)映画も観たい作品はほんとにたくさんあるんだけど、時間がないよね~
2007-04-30-22:13 * green [ 編集 ]