緑の光線

Top Page › 語学のこと › 韓国語の勉強を始めて思うこと。
2005-08-10 (Wed)  21:53

韓国語の勉強を始めて思うこと。

韓国語の勉強をはじめて一番感じること、それはやっぱり日本語の美しさかな、、、
ハングルというのは言語の名前ではなく、文字の名前なんだけど、日本語で言うとひらがな
みたいなもの。漢字とひらがら両方を組み合わせている日本語に比べると、最初は、やっぱりちょっと
あじけないというか、さみしい気がしました。だから韓国語には同音異義語がいっぱいあります。
前後の意味を考えれば、同音異義語であってもすぐにどちらの意味の言葉なのかわかるのでしょうが、
韓国語を外国語として勉強するものとしては、ちょっとやっかいだったりします。
日本語だと、同音異義語であっても漢字をみればどちらの意味なのか一目瞭然、漢字って便利だなあって
改めて思いました。あと、漢字って見た目もきれいですよね。バランスだとか。点のうちかたとか、
はねかたとか、、、。ハングルの文字もシンプルだけどそこがまたよかったりします。最初はただ
むやみに書くだけだったのが、最近は左右前後のバランスを考えてなるべくきれいに見えるように
書くようにしています。
それにしても、日本語を外国語として勉強している人たちにとって、日本語って難しいでしょうね。
漢字を覚えるのも大変だし、助詞のつけかたとか、なんかあいまいないいまわしだとか、普段何気なく
つかっている表現などでも、言葉を学習する点からすると、すごく複雑な気がします。
語学ってほんとに奥が深いなあって、他の言葉を勉強してみてしみじみと感じます。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by kyontom
離れて初めて客観的に見れるものって多いですね。私は一時英語圏で生活していたので日本語の奥義を痛感したものでした。今はハングルの漢字語でない言葉の音の美しさを感じます。

No title * by green
海外生活の経験があるのですね!私も一度くらいは海外に滞在してみたいです。夫の仕事からして海外転勤は絶対ありえないので、子供が独立したらそんなことも考えてみたいですね。最初はなじめなかったハングルの音ですが、今はとても心地よく感じられます。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

離れて初めて客観的に見れるものって多いですね。私は一時英語圏で生活していたので日本語の奥義を痛感したものでした。今はハングルの漢字語でない言葉の音の美しさを感じます。
2005-10-19-09:59 * kyontom [ 編集 ]

No title

海外生活の経験があるのですね!私も一度くらいは海外に滞在してみたいです。夫の仕事からして海外転勤は絶対ありえないので、子供が独立したらそんなことも考えてみたいですね。最初はなじめなかったハングルの音ですが、今はとても心地よく感じられます。
2005-10-19-21:25 * green [ 編集 ]