緑の光線

Top Page › 映画のこと › 「永遠のマリア・カラス」
2008-01-21 (Mon)  22:43

「永遠のマリア・カラス」

「永遠のマリア・カラス」 CALLAS FOREVER 2002年 伊 仏 英 ルーマニア スペイン合作
 監督:フランコ・ゼフィレッリ
 出演:ファニー・アルダン、ジェレミー・アイアンズ、ジョーン・プロウライト



この作品は、マリア・カラスがこの世を去る前の
数ヶ月間を描いたもので、実話かと思ったら、
マリア・カラスと親交が厚かったゼフィレッリ監督が、
想像して作ったストーリーらしいです。





晩年のマリア・カラスは、声の衰えを感じ、もう人前で歌うことは出来ないと、失意の中、
部屋にこもりきりの生活を送っていた。部屋から一歩も外には出ようとせず、大量の薬に
頼るなど、その生活ぶりは悲惨なものだった。
そこに、友人である音楽プロデューサーのラリーが訪ねてきて、もう一度脚光を浴びようと、
過去に録音した、全盛期の頃の声を使って、『カルメン』の映画撮影の企画をもちかける。
最初は拒否していたマリアだったのだが。。

マリア・カラスは一度も舞台で『カルメン』を演じたことがないそうです。
ただスタジオで録音されたものがあり、それを使ってこの『カルメン』を撮影しているシーンが
撮られました。
『カルメン』は大好きなオペラなので、その撮影シーンと、マリア・カラスの迫力ある、そして
のびやかな歌声と、充分に楽しめました。

私、マリア・カラスのCDは持っていなくて、なんだかマリア・カラスの『カルメン』が
欲しくなってきました~~~

映画の中で、彼女はこうつぶやきます。
「私は本名が嫌いだったの。だから『マリア・カラス』で生きてきたの。だけど、
普通の女になればよかった・・・・」

美貌と美声、そして栄光を手に入れた女性、だけど、ひとりの女性としての人生を考えると
なんだか寂しいような気もします。

監督も、最後にもう一度だけ、彼女に一花咲かせてあげたかったのかな。
でも、彼女も言ってました。「フェイクは嫌だ・・」って。

この後、数ヵ月後に、彼女は亡くなってしまいます。
薬の多量摂取が原因とも言われています。

近々、またマリア・カラスの映画が公開されますよね。
確か、彼女が愛したギリシャの大富豪オナシスと恋愛中の頃の話だったかと思います。
一番輝いていた時代の頃なのかな。
また違ったマリア・カラスが見られるのかもしれませんね。

今日は子供達がいない間、ひとりで『カルメン』を聴いていました。(マリア・カラスではありませんが)
あの、『闘牛士の歌』のイントロ部分は、いつ聴いても鳥肌が立ちます~~~
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by green_green
私も「カルメン」は大好きなオペラのひとつです!生まれて初めて観たオペラがこれでした。叶わぬことですが、彼女の生の声を聴いてみたかったです。オナシスとの恋愛も有名でしたね。でもこの恋もハッピーエンドではなかったような。幸せというのは何かって考えてしまいます。

No title * by green
Greenさん、私は唯一観たことのあるオペラが「カルメン」です。日本の音楽家による演奏でしたので、是非、原語で聴いてみたいです!
自分の時間がもっと取れるようになったら、もっと生の演奏を聴きに行きたいところなのですが。。。

No title * by kinaco
「カルメン」の舞台は テレビでですが 見ました。
あのイントロ部分は 圧巻ですね~。

No title * by green
kinacottaraさん、「カルメン」には好きな曲がたくさんありますが、やっぱりあの闘牛士の歌のイントロ部分は、びびびっときます。
迫力ありますよね。

No title * by green
そうだね~~並外れた才能を持った人だけが言える言葉かもね。人生プラスがあればマイナスもある。そのバランスがうまく取れる人と、取れない人がいるんだよね。プラスの部分が大きいと、きっとマイナスの部分もより大きく感じてしまうのかもしれないし。。。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

私も「カルメン」は大好きなオペラのひとつです!生まれて初めて観たオペラがこれでした。叶わぬことですが、彼女の生の声を聴いてみたかったです。オナシスとの恋愛も有名でしたね。でもこの恋もハッピーエンドではなかったような。幸せというのは何かって考えてしまいます。
2008-01-22-00:29 * green_green [ 編集 ]

No title

Greenさん、私は唯一観たことのあるオペラが「カルメン」です。日本の音楽家による演奏でしたので、是非、原語で聴いてみたいです!
自分の時間がもっと取れるようになったら、もっと生の演奏を聴きに行きたいところなのですが。。。
2008-01-22-09:14 * green [ 編集 ]

No title

「カルメン」の舞台は テレビでですが 見ました。
あのイントロ部分は 圧巻ですね~。
2008-01-23-21:42 * kinaco [ 編集 ]

No title

kinacottaraさん、「カルメン」には好きな曲がたくさんありますが、やっぱりあの闘牛士の歌のイントロ部分は、びびびっときます。
迫力ありますよね。
2008-01-23-22:02 * green [ 編集 ]

No title

そうだね~~並外れた才能を持った人だけが言える言葉かもね。人生プラスがあればマイナスもある。そのバランスがうまく取れる人と、取れない人がいるんだよね。プラスの部分が大きいと、きっとマイナスの部分もより大きく感じてしまうのかもしれないし。。。
2008-02-10-22:03 * green [ 編集 ]