緑の光線

Top Page › 暮らしのこと › 久しぶりにリコーダーを吹いてみる。
2009-10-13 (Tue)  08:21

久しぶりにリコーダーを吹いてみる。

世間は三連休でしたが、我が家は何のイベントもなく過ぎて行きました。
どうにもこうにも私の仕事が終わらず、ほんとうは昨日の月曜日、
どこかに連れて行ってあげたかったのですが・・・
子供達よ。。付き合ってあげられなくて、ごめん!!

11月は必ず休みをとって、どこか紅葉でも見に行きたいと思っています。

で、お出かけできなかった代わりと言っちゃ何ですが、
昨日はけんちゃんの音楽の宿題につきあってあげました。
リコーダーで、嵐の「明日の記憶」を吹くのです。
私がピアノでメロディーを弾いて、それにあわせてけんちゃんがリコーダーを吹きます。
これが、結構難しくって、音の高低が結構激しいので、リコーダーの指使いも
たいへんそう~~~
しかも、低い「ド」がちゃんと出てない(><)
「ちょっと貸して~~~お母さんがお手本を見せるから!」
と、久しぶりにリコーダーに挑戦です。

う~~~~ん、確かに、低い「ド」は難しい。
息の吹き加減が大事なのかな・・・指もきっちりと押さえてないといい音が出ない。
でも、何十年ぶりに吹いたわりには、わりと上手に吹けました。
けんちゃんからも、「おかあさん、うまい」とお褒めの言葉を頂きました。

私が吹くと、こうちゃんが「明日の記憶」を歌ってくれます。
あとで、またちょっと吹いてみようかな~~~~

4年生はまだソプラノリコーダーですが、もう少ししたらアルトリコーダーも始まるようです。
アルトリコーダーって、とってもいい音するんだよね・・・
アルトリコーダーもまた吹かせてもらおう~~♪
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by 真樹
リコーダーの音って素敵ですよね。私、小指が極端に短い人だから、アルトリコーダーだとドのところ押さえる時指がぎりぎり・・・・・
ソプラノリコーダーばかり吹いていましたよ。

No title * by peechan
お仕事大変そうですね。。あまり無理をなさらないでね。。。

リコーダー、私大好きでした!何から何まで聞いた曲を吹いてました。学校の卒業文集の寄せ書きに、あまり話したことのない男の子から『いつもいつも笛を吹いてましたね』ってかかれました(笑)
アルトも暖かい音色でいいよね。

No title * by はなまめ
リコーダー、懐かしい~~
柔らかい、良い音がしますよね。
お仕事お忙しそうですが、来月はお休みできるといいですね。

No title * by green
MAKIさん、私も久しぶりにソプラノリコーダーを吹いてみて、「ド」がぎりぎりでした。アルトリコーダー、ちゃんと吹けてたのかな~(笑)
今日も吹いてみましたが、やっぱり「ド」は難しいです!

No title * by green
Peeさん、ほんとに好きだったんだね~~~寄せ書きに書かれるくらいに(笑)私もよく吹いてたな~~学校帰りに、みんなで吹いたりとかして・・懐かしい。小学校時代の思い出がよみがえります!
仕事、いろいろと用事が入って時間がとれなくなると、結構きつくなります・・来月は休みをとります!!

No title * by green
はなまめさん、懐かしいですよね~~私もいろいろと思い出しました。息子は今日も練習していましたが、思わず「ぷっ」と噴出してしまいそうな腕前で・・(笑)
クラス全員、きちんと合わせて合奏できるのか、心配です。
お仕事、来月は絶対お休みをとります!!

No title * by ママさん
え?!最近の小学生は「嵐」の曲なんか吹くんですか?すごいね~~!
ポコが吹奏学部に入って、「嵐」の曲を先輩達がって聞いたときもビックリしたけれど。
私も宿題なら喜んで取り組んだのに(笑)
注目するところがちょっとずれててごめんね(^^;)

No title * by green
ヨッシーママさん、そうなんですよ~~~クラス行事のテーマ曲も、嵐の曲だったり、Greeenの曲だったりします。
運動会でかかる曲も、嵐の曲が一番多かったかも・・クシコシポストなんてかからないんですよ~~~~
とにかく、小学生女子の間では、嵐は絶大なる人気を誇っています!

No title * by kinaco
こんにちは。私も息子(三年生)のリコーダーを夏休みにふいてみて
懐かしく感じました~。昔はいやに音の高いものだなぁー・・・なんて思って吹いていましたが
今吹くと なかなかいい音だわ♪なんて思いました。
子供のものってなんでも懐かしくって新鮮です。
昨日は 書写の墨汁の匂いが懐かしくて 書いてみたくなりました^^

No title * by green
kinacoさん、ソプラノリコーダーって、「ピーピー」なイメージがありますよね^^ 優しく吹くと、音も優しくなるような気がします。
子供のものを見て、自分の小学生時代を思い出したりしますよね♪

No title * by yonekyon
今吹いたらふけるかな?覚えてるかな?って思っちゃった。リコーダーで嵐の曲か~時代は変わったんだね。ふっ

No title * by green
よねきょんさん、結構指が動いてくれたよ^^
今度音楽祭があって、そこで嵐の曲を吹くんだよ~~
すごいよね、時代は変わった・・・

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

リコーダーの音って素敵ですよね。私、小指が極端に短い人だから、アルトリコーダーだとドのところ押さえる時指がぎりぎり・・・・・
ソプラノリコーダーばかり吹いていましたよ。
2009-10-13-09:51 * 真樹 [ 編集 ]

No title

お仕事大変そうですね。。あまり無理をなさらないでね。。。

リコーダー、私大好きでした!何から何まで聞いた曲を吹いてました。学校の卒業文集の寄せ書きに、あまり話したことのない男の子から『いつもいつも笛を吹いてましたね』ってかかれました(笑)
アルトも暖かい音色でいいよね。
2009-10-13-17:02 * peechan [ 編集 ]

No title

リコーダー、懐かしい~~
柔らかい、良い音がしますよね。
お仕事お忙しそうですが、来月はお休みできるといいですね。
2009-10-13-17:41 * はなまめ [ 編集 ]

No title

MAKIさん、私も久しぶりにソプラノリコーダーを吹いてみて、「ド」がぎりぎりでした。アルトリコーダー、ちゃんと吹けてたのかな~(笑)
今日も吹いてみましたが、やっぱり「ド」は難しいです!
2009-10-13-21:43 * green [ 編集 ]

No title

Peeさん、ほんとに好きだったんだね~~~寄せ書きに書かれるくらいに(笑)私もよく吹いてたな~~学校帰りに、みんなで吹いたりとかして・・懐かしい。小学校時代の思い出がよみがえります!
仕事、いろいろと用事が入って時間がとれなくなると、結構きつくなります・・来月は休みをとります!!
2009-10-13-21:46 * green [ 編集 ]

No title

はなまめさん、懐かしいですよね~~私もいろいろと思い出しました。息子は今日も練習していましたが、思わず「ぷっ」と噴出してしまいそうな腕前で・・(笑)
クラス全員、きちんと合わせて合奏できるのか、心配です。
お仕事、来月は絶対お休みをとります!!
2009-10-13-21:47 * green [ 編集 ]

No title

え?!最近の小学生は「嵐」の曲なんか吹くんですか?すごいね~~!
ポコが吹奏学部に入って、「嵐」の曲を先輩達がって聞いたときもビックリしたけれど。
私も宿題なら喜んで取り組んだのに(笑)
注目するところがちょっとずれててごめんね(^^;)
2009-10-14-21:18 * ママさん [ 編集 ]

No title

ヨッシーママさん、そうなんですよ~~~クラス行事のテーマ曲も、嵐の曲だったり、Greeenの曲だったりします。
運動会でかかる曲も、嵐の曲が一番多かったかも・・クシコシポストなんてかからないんですよ~~~~
とにかく、小学生女子の間では、嵐は絶大なる人気を誇っています!
2009-10-14-22:26 * green [ 編集 ]

No title

こんにちは。私も息子(三年生)のリコーダーを夏休みにふいてみて
懐かしく感じました~。昔はいやに音の高いものだなぁー・・・なんて思って吹いていましたが
今吹くと なかなかいい音だわ♪なんて思いました。
子供のものってなんでも懐かしくって新鮮です。
昨日は 書写の墨汁の匂いが懐かしくて 書いてみたくなりました^^
2009-10-16-09:44 * kinaco [ 編集 ]

No title

kinacoさん、ソプラノリコーダーって、「ピーピー」なイメージがありますよね^^ 優しく吹くと、音も優しくなるような気がします。
子供のものを見て、自分の小学生時代を思い出したりしますよね♪
2009-10-16-21:05 * green [ 編集 ]

No title

今吹いたらふけるかな?覚えてるかな?って思っちゃった。リコーダーで嵐の曲か~時代は変わったんだね。ふっ
2009-10-18-16:06 * yonekyon [ 編集 ]

No title

よねきょんさん、結構指が動いてくれたよ^^
今度音楽祭があって、そこで嵐の曲を吹くんだよ~~
すごいよね、時代は変わった・・・
2009-10-20-08:22 * green [ 編集 ]