緑の光線

Top Page › 草花のこと › 開かない綿花の実を見て思うこと。
2009-11-26 (Thu)  22:31

開かない綿花の実を見て思うこと。


今年も綿花を育てましたが、どういうわけか、まだ実が割れません!
去年は、10月の後半には割れていたのに・・・・
今年は定植するのが遅かったから成長がいまいちだったんだろうか・・
このまま開かないまま終わってしまうのだろうか。
となると、なんだかこじあけたくなちゃうんだな~~(笑)

綿花といえば・・・・
少し前、格安ジーンズなんてものが話題になりましたよね。
日本経済、デフレ傾向はさらに強まる方向にあるみたいですが、
1000円以下、さらには、700円台のジーンズなんかもありましたよね。
物が安く買えるのは、消費者にとっては結構な話ですし、
一円でもより安く商品を提供しようとする企業努力も認めるべきだと思いますが、
「安い」だけで喜んでいいものか・・とも考えてしまうのです。

一本のジーンズを生産するのに、どれだけの労力、手間がかかってるのか、ということです。
綿花を種から育て、収穫する人がいます。
それを紡いで綿糸にする人がいます。
綿糸を織って布にする人がいます。
織られた布を染める人がいます。
ジーンズのデザインを考える人がいます。
デザインの型どおりに裁断し、仕立てる人がいます。
その商品を売買する人がいます。
仕上がった商品を輸送する人がいます。
お店で売る人がいます。
そして、やっと消費者の手元に届くのです。

ひとつの商品が消費者の手元に届くまでに、たくさんの人の手がかかっているのだと
いうことに、少しでもいいから思いを馳せて欲しいな~~って、
特に子供達にね、思うんです。
ひとつの物を手にとるときに、こういうことを考えるっていうのは、社会のしくみを知る
よい勉強になると思うんだな~~~

子供がご飯を残したり、嫌いな野菜を残したりすると、
「農家の人がどんな思いで、野菜を作ってると思うの!!!」と、ついつい大声をあげてしまいます。

あ、なんか真面目な話をしてしまいました(笑)



今日、ビオラ第一号が開花しました。
すっごく小さい花なんですよ~~~
直径2cmくらいかな?
そういう種類なのかな~~
これから、どんどん開花してくれそうです。
楽しみ♪









これは何日か前にとったゼラニウム。
太陽の光がとてもキラキラしていたので、
ついシャッターを!











そして、これは、先日記事にあげましたが、
公園の中に咲いていた「皇帝ダリア」
皇帝ダリアなんていう花の名前、初めて聞きました。
あまりにも立派だったので・・・・




























最後に、これも何日か前にとった夕日の写真。
ときどき、気持ち悪いくらい(笑)ピンク&オレンジな夕日を見ることがあります。
この日も、強烈な色だったな~~~
我が家のリビングは西向きなので、このピンク&オレンジの光が部屋に差し込んでた
ときは、なんだか別の世界にトリップしてしまった気分になりました。
秋は空気がすんでるから、夕日も綺麗になるのかな~~~~
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-08

No title * by うーこ
私もよく思うんですが、100均は便利で助かるけど、そういう風に、安く物が買えるから、物を大事にしないのでは?と考えますよね。
物がない時代には 物を大切にしたし、高いものを頑張って買った時には、大事に扱いますよね~。

物の価値を下げたらあかんと思います。ある程度の値段で抑えておいて、簡単に使い捨て出来ない世の中になってほしいと、ほんとに思います。
「100円やし、いいか~」「800円やし、いいか~」ってよく言うけど、いいわけないはず。

No title * by はなまめ
今年はまだ暖かいので綿花が開かないのでしょうか?
ふわふわの綿花、見られるといいですね~

私も格安商品ってどうかな?と思います。
結局、影で搾取されて泣いている人がいる気がして・・・。海外の児童労働などにも繋がる問題だと聞いたことありますし。

No title * by ///
こんにちは!
すごい夕日、しばらく懐かしくてじっくり見てしまいました。
綿の実はそのごいかがかしら?

そうね~物が安いって嬉しい反面、
ひとつの物を吟味して大事に使い尽くす、っていう感覚が
薄れてくることもあるかもしれないね。

若い頃に比べて、古いものに愛着を感じるのは、
いいものには作った人の気持ちがこめられているんだろうね。
子ども達にも教えていかないとね。
こうして考えているgreenさんをとても頼もしく思っちゃった。

No title * by green
うーこさん、物の価値を下げない、その通りだと思います。はっきり言って1000円以下でジーンズが作れるわけがない。そういうジーンズはありえないのだということに気づかなくてはいけないと思うんです。「おかしい」って。安いだけで喜んじゃ駄目だと思うんです。
挙句の果てに、「安かったからいいや~~」という発想になってしまうんだと思います。それを作るにたくさんの人が働いたのだということを考えれば、ものを粗末にはできないですよね。

No title * by green
はなまめさん、そうですよね。最近フェアトレードなんていう言葉を聞きますが・・・物の価値にあった価格で売買されるべきですよね。
そして労働に見合った代価が支払われるべきですよね。
布を触るときも、どんな人が綿花を育ててくれたんだろうって、時々考えてしまいます。

No title * by green
akiさん、懐かしい風景だったかしら?(笑)
綿の実、割れる気配、まだなしだよ~~~
大事に使い尽くすって、大事だよね~~~
着れなくなった下着とか靴下を台所の掃除用に使ってたら、子供達がびっくりしてた(笑)
今は、お金を出せば簡単にものが手に入るけど、そのものは、いろんな人の手がかかってるということ、多くの人が関わっているていうことを、子供達に教えていきたいなって思います。

No title * by kinaco
こんばんは。 最後の夕日の写真、これは何色って言えばいいいのでしょう? 何色と何色と何色を混ぜれば表せるのでしょうね。ちょっと魅了されちゃった。
次男が幼稚園で育てていた綿の実はやはり10月に開花していました。それで糸をつむいだgreenのことを思い出して 私もトライしてみたかったのに 幼稚園でなにかに使ったみたいでした;;
まだ かたそうですね。寒い冬はこせるのかなぁ。。。
私も 食べ物にはうるさく言うほうです。
でも物はついつい安いものをラッキーなんて買ってしまってる。子供の前で。 お兄ちゃんは物のコトがそろそろ理解できそうな気がするから 私も 教えてあげられる親でいたいなぁーと思いました。。
greenさん、ありがとう☆

No title * by 龍香
わぁ~最後の画像素敵♪
こういう空をみると異次元にはいったような、妙な心持になりますよ。。

今のデフレの状態って今後よくなることが想像できないですよね。自分が年老いて年金暮らしとかになることを考えると物価が安いのはいいかなって思うけど、まだまだ働く世代だし、いずれ子供たちも社会に出て働いていくんだと思うと、もっともっと経済が活性化してないとおかしくなっちゃう。。な~んて難しいことわからないけど、感覚的に「やばいよねぇ」なんて思ってます。

No title * by green
kinacoさん、時々不気味なくらい(笑)なんともいえない色に空が染まるときがあります。ほんと不思議~~
綿花ね、私糸つむぎまではしてませんよ^^:ただ、綿として保存してて、なにかに使おうかなと思っています。
幼稚園では、工作にでも使ったのでしょうか^^
安いのは助かるけど、物は、それなりの適正価格で売られるべきだと思います。ありえない安値に喜ぶだけでは駄目なのではないかと・・・

No title * by green
ママさん、すごい色でしょう~~~なんともいえない数分間でした。
デフレがどう影響してくるのか、私もいまいちわかりませんが、安ければそれでいい、と考えるのは、やっぱり安易ですよね。
それだけ、安価な値段で働かされている人がいるのかと思うと。。。
なんです。

No title * by ***キッドママ***
綿花、今年はどうしたのでしょう?
気候の条件が今年は違うのかもしれませんね。
デフレで品物のお値段が安くかえるのは嬉しいことですが、
品物ができるまでの工程を考えると、安くなりすぎて不安にもなりますね。。。
開かない綿花からのメッセージなのかもしれません。

最後のお写真、空の色がスゴイ色ですね。
自然界の織りなす風景は神秘的ですね!

No title * by -
정말 마지막 사진.. 너무멋지네요.. 영화같아요..

No title * by green
キッドママさん、ほんとにどうしたのでしょう??栄養が足りなかったのかな?もうしばらく様子を見守りたいと思います。
物の値段、どんどん安くなりますね。 私たちは適正価格をきちんと
認識しなきゃならないのでは・・と思います。
もちろん価値以上の値段がついているものもありますしね。
夕焼けって、その日の気象条件によって、微妙に色が違ったりするんですよね。ほんとに不思議!

No title * by green
ジヒョンさん。
서울의 저녁놀는 어때요? 어떤 색깔이까요?

No title * by peechan
植物が気持ちをしゃべってくれたら…っていつも思うけど、この綿花ちゃんにも、何があったのか聞きたいね~。

本当に、今の子供たち(我が家も)、ものを粗末にしすぎます!でも、それは私の姿を見て学んだことなのかな。反省です。ものが出来る工程、食べ物を作ってくれている人たちの気持ちも考えてほしいし、捨てればゴミになる、それがどういうことかよく考えさせなければいけないと思います。今地球は大ピンチなのですから!

No title * by green
綿花ちゃん、ようやく割れてきました。だけど、去年よりも割れ方がやや控えめ。。やっぱりあまり成長がよくなかったようです。
今は、ものがあふれてますからね・・・「大事にしなくては!!」と
実感することも、なかなか難しくなってきてますよね。
私もついつい「もう、そんなの捨てなさい!!」なんて言ってるし・・

No title * by sar*n_h*y*40
遅くからのコメでごめんなさい。
綿の花、アレンジに使った事あります。
ドライリースにするとボリュームが出て私は好きです♪
綿から生産現場のことへ話が発展して興味ある記事でした。
我が家は農家ですが、工業製品のように人件費や必要経費が上乗せされ値段がつけられません。
それゆえ水稲作には人件費、肥料。農薬代諸々の費用はほとんど皆無です。日々汗水たらして働いて手元に来るお金はわずかです。
主食のおコメは安いのがいいに決まってますが生産者は生活がやっていけません。
我が家は父が早くから農業だけでは家族を養えないと兼業に切り替え今、それなりの生活ができています。
グリさんのようなその物の裏側にどんなからくりがあって安い値段が付くのかという事を気に留めてくださる方がいるだけでも私たち農家は救われます。

No title * by green
ふくはなさん、過去の記事にコメント、ありがとうございます!
綿花、最初に興味を持ったのが母でした。
母がお部屋に飾るつもりで、ドライになった綿花を買って来た玄関に飾ってました。そこから種を採って父が蒔いたのが始まりです。
日本の農業を守ることの大切さ・・・考えないといけませんよね。
私は高校生の小論文を添削しているのですが、日本の農業、そして日本の食料自給率の低さをどう考えるべきか、という課題もよく出てきます。
価値のあるものには、きちんとした代価を払う、そういう社会のしくみと、人々の認識が必要ですよね。
私達がおいしいご飯を食べられるのは、農家のみなさんの苦労があってこそだということを考えなければならないですよね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

私もよく思うんですが、100均は便利で助かるけど、そういう風に、安く物が買えるから、物を大事にしないのでは?と考えますよね。
物がない時代には 物を大切にしたし、高いものを頑張って買った時には、大事に扱いますよね~。

物の価値を下げたらあかんと思います。ある程度の値段で抑えておいて、簡単に使い捨て出来ない世の中になってほしいと、ほんとに思います。
「100円やし、いいか~」「800円やし、いいか~」ってよく言うけど、いいわけないはず。
2009-11-27-00:36 * うーこ [ 編集 ]

No title

今年はまだ暖かいので綿花が開かないのでしょうか?
ふわふわの綿花、見られるといいですね~

私も格安商品ってどうかな?と思います。
結局、影で搾取されて泣いている人がいる気がして・・・。海外の児童労働などにも繋がる問題だと聞いたことありますし。
2009-11-27-07:25 * はなまめ [ 編集 ]

No title

こんにちは!
すごい夕日、しばらく懐かしくてじっくり見てしまいました。
綿の実はそのごいかがかしら?

そうね~物が安いって嬉しい反面、
ひとつの物を吟味して大事に使い尽くす、っていう感覚が
薄れてくることもあるかもしれないね。

若い頃に比べて、古いものに愛着を感じるのは、
いいものには作った人の気持ちがこめられているんだろうね。
子ども達にも教えていかないとね。
こうして考えているgreenさんをとても頼もしく思っちゃった。
2009-11-27-15:34 * /// [ 編集 ]

No title

うーこさん、物の価値を下げない、その通りだと思います。はっきり言って1000円以下でジーンズが作れるわけがない。そういうジーンズはありえないのだということに気づかなくてはいけないと思うんです。「おかしい」って。安いだけで喜んじゃ駄目だと思うんです。
挙句の果てに、「安かったからいいや~~」という発想になってしまうんだと思います。それを作るにたくさんの人が働いたのだということを考えれば、ものを粗末にはできないですよね。
2009-11-27-21:44 * green [ 編集 ]

No title

はなまめさん、そうですよね。最近フェアトレードなんていう言葉を聞きますが・・・物の価値にあった価格で売買されるべきですよね。
そして労働に見合った代価が支払われるべきですよね。
布を触るときも、どんな人が綿花を育ててくれたんだろうって、時々考えてしまいます。
2009-11-27-21:47 * green [ 編集 ]

No title

akiさん、懐かしい風景だったかしら?(笑)
綿の実、割れる気配、まだなしだよ~~~
大事に使い尽くすって、大事だよね~~~
着れなくなった下着とか靴下を台所の掃除用に使ってたら、子供達がびっくりしてた(笑)
今は、お金を出せば簡単にものが手に入るけど、そのものは、いろんな人の手がかかってるということ、多くの人が関わっているていうことを、子供達に教えていきたいなって思います。
2009-11-27-21:51 * green [ 編集 ]

No title

こんばんは。 最後の夕日の写真、これは何色って言えばいいいのでしょう? 何色と何色と何色を混ぜれば表せるのでしょうね。ちょっと魅了されちゃった。
次男が幼稚園で育てていた綿の実はやはり10月に開花していました。それで糸をつむいだgreenのことを思い出して 私もトライしてみたかったのに 幼稚園でなにかに使ったみたいでした;;
まだ かたそうですね。寒い冬はこせるのかなぁ。。。
私も 食べ物にはうるさく言うほうです。
でも物はついつい安いものをラッキーなんて買ってしまってる。子供の前で。 お兄ちゃんは物のコトがそろそろ理解できそうな気がするから 私も 教えてあげられる親でいたいなぁーと思いました。。
greenさん、ありがとう☆
2009-11-27-22:35 * kinaco [ 編集 ]

No title

わぁ~最後の画像素敵♪
こういう空をみると異次元にはいったような、妙な心持になりますよ。。

今のデフレの状態って今後よくなることが想像できないですよね。自分が年老いて年金暮らしとかになることを考えると物価が安いのはいいかなって思うけど、まだまだ働く世代だし、いずれ子供たちも社会に出て働いていくんだと思うと、もっともっと経済が活性化してないとおかしくなっちゃう。。な~んて難しいことわからないけど、感覚的に「やばいよねぇ」なんて思ってます。
2009-11-28-12:13 * 龍香 [ 編集 ]

No title

kinacoさん、時々不気味なくらい(笑)なんともいえない色に空が染まるときがあります。ほんと不思議~~
綿花ね、私糸つむぎまではしてませんよ^^:ただ、綿として保存してて、なにかに使おうかなと思っています。
幼稚園では、工作にでも使ったのでしょうか^^
安いのは助かるけど、物は、それなりの適正価格で売られるべきだと思います。ありえない安値に喜ぶだけでは駄目なのではないかと・・・
2009-11-28-21:17 * green [ 編集 ]

No title

ママさん、すごい色でしょう~~~なんともいえない数分間でした。
デフレがどう影響してくるのか、私もいまいちわかりませんが、安ければそれでいい、と考えるのは、やっぱり安易ですよね。
それだけ、安価な値段で働かされている人がいるのかと思うと。。。
なんです。
2009-11-28-21:19 * green [ 編集 ]

No title

綿花、今年はどうしたのでしょう?
気候の条件が今年は違うのかもしれませんね。
デフレで品物のお値段が安くかえるのは嬉しいことですが、
品物ができるまでの工程を考えると、安くなりすぎて不安にもなりますね。。。
開かない綿花からのメッセージなのかもしれません。

最後のお写真、空の色がスゴイ色ですね。
自然界の織りなす風景は神秘的ですね!
2009-11-29-11:41 * ***キッドママ*** [ 編集 ]

No title

정말 마지막 사진.. 너무멋지네요.. 영화같아요..
2009-11-29-19:52 * - [ 編集 ]

No title

キッドママさん、ほんとにどうしたのでしょう??栄養が足りなかったのかな?もうしばらく様子を見守りたいと思います。
物の値段、どんどん安くなりますね。 私たちは適正価格をきちんと
認識しなきゃならないのでは・・と思います。
もちろん価値以上の値段がついているものもありますしね。
夕焼けって、その日の気象条件によって、微妙に色が違ったりするんですよね。ほんとに不思議!
2009-11-30-08:24 * green [ 編集 ]

No title

ジヒョンさん。
서울의 저녁놀는 어때요? 어떤 색깔이까요?
2009-11-30-08:29 * green [ 編集 ]

No title

植物が気持ちをしゃべってくれたら…っていつも思うけど、この綿花ちゃんにも、何があったのか聞きたいね~。

本当に、今の子供たち(我が家も)、ものを粗末にしすぎます!でも、それは私の姿を見て学んだことなのかな。反省です。ものが出来る工程、食べ物を作ってくれている人たちの気持ちも考えてほしいし、捨てればゴミになる、それがどういうことかよく考えさせなければいけないと思います。今地球は大ピンチなのですから!
2009-12-01-08:51 * peechan [ 編集 ]

No title

綿花ちゃん、ようやく割れてきました。だけど、去年よりも割れ方がやや控えめ。。やっぱりあまり成長がよくなかったようです。
今は、ものがあふれてますからね・・・「大事にしなくては!!」と
実感することも、なかなか難しくなってきてますよね。
私もついつい「もう、そんなの捨てなさい!!」なんて言ってるし・・
2009-12-02-21:25 * green [ 編集 ]

No title

遅くからのコメでごめんなさい。
綿の花、アレンジに使った事あります。
ドライリースにするとボリュームが出て私は好きです♪
綿から生産現場のことへ話が発展して興味ある記事でした。
我が家は農家ですが、工業製品のように人件費や必要経費が上乗せされ値段がつけられません。
それゆえ水稲作には人件費、肥料。農薬代諸々の費用はほとんど皆無です。日々汗水たらして働いて手元に来るお金はわずかです。
主食のおコメは安いのがいいに決まってますが生産者は生活がやっていけません。
我が家は父が早くから農業だけでは家族を養えないと兼業に切り替え今、それなりの生活ができています。
グリさんのようなその物の裏側にどんなからくりがあって安い値段が付くのかという事を気に留めてくださる方がいるだけでも私たち農家は救われます。
2011-06-02-10:35 * sar*n_h*y*40 [ 編集 ]

No title

ふくはなさん、過去の記事にコメント、ありがとうございます!
綿花、最初に興味を持ったのが母でした。
母がお部屋に飾るつもりで、ドライになった綿花を買って来た玄関に飾ってました。そこから種を採って父が蒔いたのが始まりです。
日本の農業を守ることの大切さ・・・考えないといけませんよね。
私は高校生の小論文を添削しているのですが、日本の農業、そして日本の食料自給率の低さをどう考えるべきか、という課題もよく出てきます。
価値のあるものには、きちんとした代価を払う、そういう社会のしくみと、人々の認識が必要ですよね。
私達がおいしいご飯を食べられるのは、農家のみなさんの苦労があってこそだということを考えなければならないですよね。
2011-06-02-21:31 * green [ 編集 ]